【ジブン手帳】旅屋さんでオリジナル革カバーを作成しました。


2014年の手帳も2013年に引き続き、ジブン手帳を購入しました。
(手帳自体のレビューはまた改めてしようと思います)

使用が2年目をむかえるにあたり、このタイミングで以前より気になってた革カバーを作ることにしました。

ジブン手帳とは

ジブン手帳2014│コクヨS&T

大手広告代理店のクリエーターである佐久間英彰氏が2010年に「ジブン手帳2011」を初めて製品化し、ネットを中心に話題に。1冊に見えて、両側に2冊差し込まれた3冊スタイルのこの手帳。1年だけでなく、ライフログのための便利で楽しい機能を随所に盛り込みつつ、シンプルかつ美しくデザインされています。特に24時間バーチカルは必見。日の出と日の入りをグラフィカルに時間軸に表現。毎日めくるだけで季節を感じる事のできる楽しい手帳です。他のページもすべてゼロから作り上げた渾身のオリジナル手帳。こんな手帳はどこにもありません!ぜひ手帳に書く楽しみを味わってください。

カバーについて

通常は透明のビニールのカバーが付いてきます。
私の使い方は荒いので一年経つと汚れ、壊れてきてしまいます。

この素材はKOKUYOさんの環境規格基準に基づいたビニールだそうで、強度を変えることは難しいそうです。

元々、革素材が好きなので革カバーをオーダーしてみました。

ちなみに、今年からカバー付きのものも発売されましたよ。

旅屋さん

ジブン手帳の革カバー作成をお願いしたのは東京都中野にある「旅屋」という文具店。

旅を感じる文具雑貨店 旅屋オンラインショップ

インターネットでジブン手帳専用の革カバー作成を取り扱っています。
種類は4種類。

私が注文したのはこちら。

「type-N」
下敷きを挟むスペースのあるタイプのものです。
【受注生産品】 ジブン手帳専用カバー 旅屋オリジナル type N – 旅屋

完成品レビュー

外側

不織布に包まれているところ。

落ち着いた赤色の革。

子牛の革らしいです。
しっかりとした硬さはありながらも手触りはしっとり吸い付くように滑らか。
触っていて気持ちいいので無駄に撫でてしまいます。

後ろ側には下敷きを入れるポケットが。

差すとこんな感じ。

下敷きのバンドでしっかりと止めることができ、カバンの中でバラバラと開いてしまうこともありません。

ペン差しは太軸のパイロットフリクションボール3も差すことができます。
(まだちょっと差すのがきついですが、じきに馴染んでくると思います。)

パイロット フリクションボール3 ウッド ディープレッド
フリクションボール3_ウッド_DR
売り上げランキング: 337

私はカバーに合わせてウッドの部分を赤のものを購入しました(・∀・)

内側

全体像はこちら。
右側と左側のポケットの形が違います。

まずは右側。
縦に2つのポケット。

下側には旅屋さんの刻印。
こういうの嬉しいですね。

左側は…
今回、一点お願いをしてオリジナルカスタマイズをしてもらいました。
それが内側の名刺入れの形。

通常の名刺入れの形はこちら。

公式HPから拝借しました。

通常は名刺入れの形は横向き。
これは使い込んでいくうちに革が伸びて名刺が抜けてしまわないように、という配慮から横向きにしているそうです。

しかし、通常のビニールカバーの縦ポケットの形が好きだったのでカスタマイズがお願いできないか相談したところ、別料金(型紙代+1,000円)で作成可能ということでしたのでお願いしてみました。

出来上がりがこちら。
縦向きに3つのポケット。

名刺を入れるとこんな感じ。

ちなみに一番下の名刺入れのポケットは名刺のはみ出ている部分に業務携帯番号など必要なメモを書いておき、手帳を開いたらすぐに見れるようにするためやや浅めのポケットになっています。
名刺入れに入れているものは以下。

  • 予備の名刺2.3枚
  • 一枚は自分の業務携帯の番号、アドレスのメモを
  • 経費精算のためのレシート数枚

以上、届いたばかりの革カバーのレビューでした。

まとめ

ちょこっとだけですがカスタマイズしたことで「オリジナル感」が強く、嬉しくて嬉しくてずっとカバーを触っています。

革の楽しみは経年変化。
どのように自分色に染まっていくか楽しみです。

ちなみに、旅屋さんのBlogで同じ赤の革の1年後の経過変化を載せてくれています。
【店長note】「ジブン手帳革カバー」ほぼ1年経過|旅屋日誌

【2013手帳】ジブン手帳を購入しました-外観編- | mimimisaki1.com

【2013年手帳】ジブン手帳を購入しました−中身編− | mimimisaki1.com

【レビュー】ジブン手帳を使用して4ヶ月半の使用感 | mimimisaki1.com



▼この記事はいかがでしたか?

▼良かったらシェアお願い致します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です