イオンSIMの速度計測結果


先日購入したイオンSIM、VAIO type Pと組み合わせて毎日持ち歩いています。


イオンSIMとは何か?
イオンが2011年6月から日本通信と共同で販売しているSIM。
特徴としては
①ドコモFOMAネットワークを利用することができるので繋がるエリアが広い
②料金は通信速度により3つのプランが選べる
今回は3つのプランのうちAプランに。
月額980円と安い!
(+ユニバーサル料7.35円)
あんまり通信速度は早くはないけど月々の料金が安くてネットがどこでも繋がりやすいよー。
というシロモノ。
ちなみに各プランはこちら。
b-mobileSIM プラン•A 通信速度 100kbps 月額定額料金980円(税込)
b-mobileSIM プラン•B 通信速度 400kbps 月額定額料金2,980円(税込)
b-mobileSIM プラン•C 通信速度 Mbps 月額定額料金4,980円(税込)
これだとピンとこないので。
プランA→メール/SNS/Webブラウジング◯、地図△、IP電話(VoIP)/動画×
プランB→メール/SNS/Webブラウジング◎、地図◯、IP電話(VoIP)/動画×
プランC→メール/SNS/Webブラウジング/地図△/IP電話(VoIP)◎、動画◯
イオンSIMのプラン・Aの通信速度の公表値は100Kbpsですが、実際どのくらいの速度が出るのか測定してみました。
測定結果
まずは比較としてwifiの速度測定
①自宅wifi利用時 35.53Mbps
まずは、自宅wifiの速度。
全く比較対象にならないほど早いね。
ごゆるり日記。
②自宅1 82.54Kbps
ごゆるり日記。
③自宅3 31.78Kbps
ごゆるり日記。
④自宅4 75.29Kbps
自宅3の5分後。全く同じ環境にて
ごゆるり日記。
キャプチャー残していないけど、日中のカフェでも確か30Kbpsくらい。
よく分らないけど、条件変えていないのに5分後に劇的に速度が早くなったのはなんでだろう。
数日間使ってみた実感としては
画像の多いサイトを複数開こうとするのはちょっと時間がかかってしまって大変に感じてしまいます。。
人によってはちょっとイライラしちゃうかもしれません。
私もたまにイライラしますが、まぁ許容範囲かなぁ。
また計測時間とか場所とか条件変えて速度の計測してみたいと思います。



以上、イオンSIMの使用レビューでした。


▼この記事はいかがでしたか?

▼良かったらシェアお願い致します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です